売りたい

不動産(物件)を売却する場合、売主側はできるだけ高く売りたいものです。

不動産を売却予定の方は、どのくらいの価格で売れるのかを知るために、不動産会社に査定を依頼されます。

「査定価格」とは、不動産仲介会社が考える「これくらいの価格なら売れるかもしれない」という売却予想価格のことです。不動産の「相場を知りたい」「売却に向けて売り出し価格を知りたい」という人にとって、非常に参考になるのが価格査定です。

昔は懇意にしている地元の不動産会社に売却を依頼するケースが最も多かったのですが、最近では不動産の査定は複数社に依頼し、比較するのが一般的になっています。

しかし、その心理をついて故意に高い査定価格をつけ、売主に気に入ってもらい専任媒介契約を取れるようにする不動産会社があります。

これは一見、悪徳業者のようにも思えますが、意外にも大手不動産会社でみられることがありますので注意が必要です。

「高額査定⇒その後」

高い査定で専任媒介契約を取った不動産会社は、相場より高い金額で売却活動を開始します。はたしてその金額で売却できるのでしょうか?

多くの場合、数ヶ月経ってもなかなか売れないので「売れないから値下げしましょう!」と、結局は相場よりも低い価格で契約し、後で後悔てしまうというケースがございます。

このように、高額査定をする不動産会社は、売却の媒介契約を結び、仲介手数料を確実にもらうために相場より高めに査定を出しているので、結果的に売主様の売却損が出ても御構いなしです。そのため、注意が必要なのです。

 弊社では、国土交通省がお墨付きを与えている不動産流通推進センターの「不動産価格査定マニュアル」を利用した査定無料サービスを行っております。査定価格は、通常、現状の市況や周辺の取引動向などを考慮して、3カ月程度で買い手が付くことを目安にしております。

倉庫情報☆アスシア・ホームの無料査定どうぞご利用ください。

お問合せ内容
物件の詳細を知りたい物件を見たい周辺環境について知りたい最新の情報を知りたいローンについて相談したい売却について相談したい賃貸管理について相談したい無料査定をたのみたいその他

●個人情報の取扱いについて
同意します  <<こちらをお読みください